歯の治療のパートナー!良い歯科医を探すポイント

歯の治療のパートナー!良い歯科医を探すポイント

MENU

歯が健康の決め手

身体にとって、歯がどれくらい重要なものであるか皆さんは充分に理解していますか?

 

ご承知の通り、歯は身体の一部です。
このことを知っている方でさえ、
身体の他の部分に比べて歯をないがしろにしてしまう傾向にあります。

 

健康に関するキーワードとして最近話題に上がっているのが、
メタボリックシンドロームです。

 

健康診断でメタボリックシンドロームだといわれたら、
多くの方は食生活や生活習慣を改めようとするはずです。

 

しかし歯については、とりあえず虫歯でなければ大丈夫だろうと
ほとんどの方が安心してしまうのです。

 

実はこうした意識が、思わぬ疾患や病気を発生させてしまいます。

 

例えば、歯周病の原因となる菌が唾液を通して体内に侵入すると
糖尿病や肺炎といった症状まで発展することが分かっているのです。

 

歯の健康を守っていくために、皆さんがしていることはありますか?
多くの方は歯磨きをしていると答えることでしょう。
しかし、それだけでは不十分なのです。

 

そもそも、私たちは歯に関する知識量が少なすぎます。
身体の健康を守るスペシャリストが医者であるならば、
歯について最も知識を持っているのが歯医者です。

 

すなわち、良い歯医者をみつけて関係を築くことが歯を守ることに繋がるのです。

 

歯医者は歯の痛みを取ってくれればそれで良い。
こんな意識では歯の健康を守ることは出来ません。

 

信頼関係を構築するには、お互いの理解が不可欠です。
そこで今回は、良い歯医者を選ぶ心構えと
歯医者を選ぶ際のポイントについてご紹介します。

 

にいむら歯科医院 http://www.niimura.or.jp/

歯科医を探す方法とは

現在、歯科医院の数はコンビニをも上回っています。

 

コンビニの中にも良いお店とそうでないお店があるように、
歯科医院の質も様々です。

 

そもそも、良い歯科医の条件とは何でしょうか?

 

最も大切なのは、患者の歯の健康を第一に考えているかという点です。
 

 

歯医者はボランティアではありませんから、
利益優先で自費診療を勧めてくる歯医者も一定数存在します。

 

高すぎる診療費を嫌うあまりに、保険適用の治療しか受けない。
このように決めつけてしまうことも危険なのです。

 

なぜなら、保険適用で行える範囲の診療は、
対症療法に過ぎないことがほとんどだからです。

 

大切なのは、歯の痛みを取ることでは無く歯の健康を守ること。
この点を患者に対して説明してくれる歯医者が、
良い歯医者の第一条件といえるでしょう。

 

歯の健康を守るために必要な措置の多くは、予防歯科という分野になります。

 

日本の保険制度では予防歯科は自費診療となるため、
歯科医が予防歯科を勧めにくいのが現実です。

 

患者のためを思うからこそ自費診療を勧めることもある。
こうした歯科医の姿勢を患者側も理解することが、
良い歯医者探しのスタート地点なのです。

 

自分の歯の状態にあった治療方法にはどのようなものがあるか。

 

歯医者に行った時に受ける検診の中で、
この点を明確に説明してくれる歯医者を選択するようにしましょう。

 

患者の言いなりや、患者の言葉を無視するような歯医者はオススメ出来ません。
対等なパートナーとして、歯の健康を一緒に考えてくれるような歯医者を探しましょう。

更新履歴